ぬくもり歌

ここんとこ特に何も書くことがなく、困ってます。
平凡な毎日。

いや、まぁ、じゃあ書くなって言う話なんですけど。

とりあえず今日は一限寝坊して、昼まで寝て、ダラダラして…

無駄に時間を使っているとわかっていながら、何かやることがあるのかと言われると思いつかない…

予習なんて家でやらないし。


そしてバトンをやろうとしている俺のこの時間の使い方は、果たしてどうなんでしょうねw

前もやったんだけど、漢字バトン。


1.前の人が答えた漢字に対して自分が持つイメージは?

「堀」:松山城の堀の内公園はなかなか心地いいですよ。あんまり堀の中の水はきれいじゃないけど、内側の公園部分には色々な施設があります。プールに図書館、テレビ局やら陸上競技場やら、ついには精神病院まで。ってあれ?競技場なくなったんだっけか??

「江」:この漢字単体で使われることってないんじゃ…。海から川への入り口みたいなトコを想像しますが。

「門」:誰もが日々これをくぐりながら歩いているんでしょうね。何かを始める際に必ず通るところです。


これらの漢字は3つ並ぶと変な意味になりそうなんですが、そこは無視していいんでしょうか?w

2.次の人に回す言葉3つ。
「北」「海」「道」


3.大切にしたい言葉を3つ

「気」:この概念は、西洋の人にはわからないだろうなぁ。ひとと関わる上で、最も大事なことだと思います。

「食」:メシを食べなくても生きていける錠剤みたいなものが開発されたとしても、食べることをやめたくありませんw

「信」:最低限は必要です。すべてを肯定するつもりはないですが…。


4.漢字のことをどう思う?

うまいこと考えたなぁ、って感じですね。
漢字のおかげで、微妙なニュアンスを伝えることが出来たりとか、独特のギャグが出来たりとか、面白い限り。
アメリカの人とかって、漢字が大好きで、お土産に「立入禁止」とかのステッカーを買っていくと喜ぶって聞いたけど、ホントかなぁw


5.最後にあなたの好きな四字熟語を3つ教えてください

前回書いたので出てきません…というか考えるのめんどいw

「海苔弁当」:290円という安さ。みんなの味方☆

「鳥飯弁当」:お子様に大人気☆

「豚塩弁当」:最近新発売☆うまい!!


別に回し者じゃありませんw

 
6.これを回す人5人とその人に対してイメージする漢字

ん~~~~~

勝手に持ってってw
[PR]
# by akg_flashback | 2006-05-12 20:43 | 雑記

Fool on the planet

ウイルス事件があってからというもの、なんかパソコンが重い…

ノートン入れたせいなのか、それとも何かの後遺症なのか…
どのみち様子を見るしかないんだけどね…

う~ん不快!!


さて今日の昼。
引っ越したもののネットが繋がらず、最近mixiからご無沙汰しているプジョルから、
「プラネットアース」っていうNHK総合の特集番組がすごかった、と聞かされ、
今日もあるということで見てみた。

今日のテーマは、「洞窟」。

洞窟の形成に始まり、その中での生態とかを映像を交えて紹介してくれるんですが…

その映像がもう


ハンパじゃない。


ホントにこんな世界があるのか、と、一時間ずっと口が開きっぱなしでした。


前半はグロすぎて途中見るのやめようかと思った瞬間もあったけどね…。
ゴ○○リの海とか、やばかったし…。


後半はただただ感動するしかありませんでした。
深さ400メートル、直径200メートルの大竪穴に、パラシュートをつけて飛び降りる撮影隊…。
猛毒のガスに満ちた洞窟、その中で生きる生物、水の中に沈んだ洞窟、真っ白でほとんど目の無いカニやドジョウ、サンショウウオ(たった一つの洞窟にしか生息してないらしい)、鍾乳石、鍾乳石に見せかけたバクテリアの束、6メートルにも及ぶ石膏の結晶etc…


ドラクエの世界は完全なフィクションだと思ってたけど、
世界には自分たちの知らないことだらけで、あながちありえないとも言い切れないのかもしれません。

いかに自分たちの生きる世界がちっぽけなものか…。
次々と目に飛び込んでくる信じられない映像たちを前にして、そんな当たり前の事実を改めて突きつけられた感じだったなぁ。


明日も夜10時から、NHK総合にて放送するそうです。第4章の明日は、「砂漠」について。
信じられない自然の映像好きの俺としては、明日も見ないわけにはいかないでしょうw

興味ある方、ぜひ見てみて下さい。ひたすら感動するから。
[PR]
# by akg_flashback | 2006-05-10 00:11 | 雑記

WHAT HAPPENED TO YOU?

パソコンがやられました。

スパイウェアに。

RazeSpywareという、アンチスパイウェアソフトになりすまし、スパイウェアなどの検出をしているかのように見せかけてるけど、実際はトロイの木馬なんかを流し込んでくる最低最悪のアホプログラム。

どーにかこーにか、ウイルスやらスパイウェアやらはノートン+Ad Awareでやっつけ、真っ赤なデスクトップに「DANGER!!」の文字は、コントロールパネルをいじって直しました。

果たしてこれが正しい解決法なのかどうか…

しばらく様子を見るしかありません。

そのせいで、パソコンを使わないと出来ない課題に取り掛かれず、もう諦めようかどうしようか思案中…。
期限明日の12:30までだしな…。

ここで諦めたら負けのような気もするし、やってやろうか…
でも明日も一限だし…

ハァ…


ついてね~~~~(;´д`)
[PR]
# by akg_flashback | 2006-05-09 01:12 | 雑記

桜の季節

ギャングさん、もといよっしーさんに誘われ、
15時ごろから大学でキャッチボール。

遅くなってごめんな~、なかなか疲れが取れなくて…


外に出たら、なんとも気持ちのいい陽気!
やっと札幌にも春が来たような気持ちよさでした!

大学構内には桜(だと思う…)が咲いていて、もうそこかしこでジンパやってた。

う~んいい季節。
北海道の桜は種類が違うからなんか見ごたえ無いけど、景色が色鮮やかになってくると嬉しいモンです。

あ~花見したい!
ポカポカの陽気に包まれて、青空の下で酒飲みたい!!w


ひっさびさに運動したら気持ちよかったけど、
冬の間にガチガチに凍ってしまった俺の筋肉は、溶けるのにまだ時間がかかりそうです…。

ま、明日もまたイトゥとキャッチボールやるし、徐々にほぐしていこ~~。


T君…じゃなかったよしーさんと別れた後、学部で宿題やって帰宅。
なんてマジメな俺。
いや、まぁ、家では色んな誘惑に負けて勉強できないっていうだけなんですけど。

自習室でも、半分ぐらいボヘ~~っとしてたしw

よし、明日からまたいつも通りの一週間!
頑張りましょ!

眠い!おやすみ!
[PR]
# by akg_flashback | 2006-05-07 21:52 | 雑記

三日月ロック

ようやく特筆すべきことがなくなったので、回されていたバトンをば。

へでのりからの、スピッツバトン!!
ファンにはたまらんこの内容ww

今回も事故、じゃなくて自己満ですので、あらかじめご了承くださいw



Q1.あなたが初めてスピッツに出会ったのはいつ?

スマッシュヒットをかました時期だから、小学校のときから知ってはいたけど、本格的に聴き始めたのは中学校ぐらいかな…。2年ぐらいだった気がする。


Q2.その時の曲は?

ヒデモリと同じで、リサイクルから…
今思うとホントに不本意だ…


Q3.最初に買ったアルバムorシングルは?

たぶん色色衣じゃないかな??
金の無い高校生だったから、ほとんどレンタルで済ませちゃってた(;´д`)


Q4.スピッツの曲でこれはネ申!!って思う曲は?

数え上げたらキリがない!!
とは言っても、チェリー、空も飛べるはず、ロビンソン辺りの超有名な定番シングルよりも、スピカ、愛のことば、ホタル、8823、放浪カモメはどこまでも、夜を駆ける、けもの道、夢追い虫とかの、知ってる人そんなに多くないような曲の方が好き。

一番は決められん…。


Q5.それはどうして?

だってイイんだもん。


Q6.スピッツのアルバムで1番好きなアルバムは?

ん~、やっぱ高校時代にひたすら聴いた、「三日月ロック」かなぁ。
夜を駆ける、ババロア、遥か、けもの道…

あーどれもヤバイ!!w


Q7.スピッツの曲に出てくるフレーズで1番心にガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!と来たフレーズは?

「くだらない話で 安らげる僕らの
その愚かさこそが 何よりの宝物」

「幸せは途切れながらも 続くのです」

「諦めないで それは未来へ かすかに残るけもの道
全ての意味を 作り始める あまりに青い空の下」

「僕らそれぞれ 仰ぎ見る空」

「憧れ 裏切られ 傷つかない方法も
身につけ 乗り越え どこへ行こうか
夢で見たあの場所へ 立つ日まで
削れて減りながら進む あくまでも」


多すぎ?
まぁ気にすんなってw


Q8.スピッツのメンバーで1番好きなのは誰?

マサムネさん!
と見せかけて、案外リーダーだったりして。
あの暴れっぷりがたまらん!!w


Q9.その人のどこが好き?

大人しいポップ・バンドと見せかけて、妄想炸裂のパンクな一面を隠し持ってほくそ笑んでいる姿を一番体現してて、「あぁこれがスピッツだ!」というのがわかるからw


Q10.スピッツを知らない人に、スピッツを紹介してください!!

ホント力になりますよ。
色んな曲がありますが、そのどれもにマサムネさんの詞の世界が広がっていて、この人は本当にすごいなぁ(いろんな意味で)と思わずにはいられません。

最近またベスト盤が出たから、この機会に聴いてみては??
個人的にはベスト盤はオススメしないけどね…(゚Д゚;)
[PR]
# by akg_flashback | 2006-05-07 05:39 | 雑記

太陽の中の生活

5日!

THE BACK HORN全国ツアー、『LIVE IN THE SUN』に参戦してまいりました!
3ヶ月近く前に先行予約で買っていたので、整理番号は奇跡の160番台!

なぜか無駄に早く会場に着いてしまい、待っている間周りを見渡すと…

オイオイ、バックホーンのファンってこんなんばっかりか??というぐらい強烈なキャラの方々ばかりでした。
パンクスではない俺たちには、強烈過ぎましたよ、ええ。

まぁそれはいいとして。

整理番号が早いだけに、なかなかの好位置をゲット。
前から4列目ぐらい。

知ってる人なら解ると思うけど、ペニーレーンで前から4列目っつったら、もうすぐそこなわけでw


ドキドキしながら登場を待つ。


そして『惑星メランコリー』のイントロ調のBGM(←誰もわからないと知りつつ書いてみる俺)が会場に流れ…

バックホーン登場!!

近い!!

まつ毛の一本一本まではっきり見える!

まぁそりゃウソだけど。
メチャ近かったのは確かです。ほぼ目の前。


しかし、一曲目が『証明』だとは思わなかったなぁ。
『カオスダイバー』か『ブラックホールバースデイ』だと思ってた。(←自己完結なのはわかってますって)


4列目は好位置だ、と言いましたが、この時点で訂正。

4列目は地獄です。

もうホント暴れるの勘弁して欲しい。
押し合いへし合い、押されて潰して潰されて。

全然集中できやしねぇ。

ブラックホールバースデイ→コバルトブルーのダブルパンチなんて、酸欠で死ぬかと思ったよ…

せっかくの名曲を、朦朧としてしか聴けないなんて!
しかもなんか途中からミス横綱が突進してきてぶっ飛ばされたし。ミス横綱声でかいし。
唄聞こえんやろが!!

とかなんとかブツクサ言っても仕方が無く、せっかくのライブを楽しまねば!!ということで数々の名曲を堪能。

『キズナソング』とか『未来』とか『ヘッドフォンチルドレン』とか、もうちょっと大人しめな曲をやってもよかったんじゃないかな?と思ったりもしたけど、まぁ今回は『太陽の中の生活』のツアーだしね。
とにかくどれも最高だった!

手当たり次第に突っ込んできて縦横無尽に暴れまわるのにはやっぱり同意しかねるけど。
悪いけど、他人に迷惑かけてる自覚が無いのかと疑ってしまうよ。
議論し始めたらキリがないんだろうけどね…(;´д`)


終わったごろにはもう汗まみれ。
脱水した洗濯物を干さずにそのまま着てるような状態でしたw

物販でTシャツを買い、ものすごい勢いで全身から体温が奪われていくのを感じながら帰宅、5分も休むことも無く着替えてすぐバイトへ…。

ヘトヘトで膝が笑い、激しい脱力感に襲われ、さらに耳も聞こえないのによく乗り越えたな、俺w

これがそのTシャツさ!写真じゃあんまり見えないけど、紫です!

e0086121_6173754.jpg


まぁ今日は夜バイトがあるだけだから、ゆっくり寝れるさ。

今回も自己満でお送りしましたが、いかがだったでしょうか?
ご意見・ご質問はご自由にどうぞw

おやすみなさい。
[PR]
# by akg_flashback | 2006-05-06 06:17 | 雑記

North

3日。

午前2時から出発し、稚内日帰りツアーを敢行。

行きは、

深川、幌加内、朱鞠内湖、美深、中頓別、浜頓別、猿払あたりを通って、東側から宗谷岬を一周。

最北端で記念ハガキを貰いました。
その時の写真が、これw

e0086121_12413831.jpg


帰りは、

稚内、手塩、遠別、羽幌、苫前、留萌、増毛、石狩を通って札幌に帰還。

稚内はなんも無かったけど、展望台から見える利尻富士と、堤防ドームはなかなか見事でした。

e0086121_1242973.jpg
e0086121_12423137.jpg


午後10時に札幌に着いたから、約20時間。
稚内までの、日帰りツアーでしたw


4日。

チャイ、イトゥと共に羊が丘へ。
前々から一回は行ってみたかったのに行けてなかったからね…

あろうことか大寝坊をかまし二人を待たせてしまったので、
ジュースをおごって機嫌をとる。

なぜかイトゥと遊びに行くときに限って一年に一度寝坊する俺…w
このペースだと、来年もイトゥに対して同じ事をやりそうだw

福住駅からバスに乗って羊が丘へ。
思ったよりも歩けるスペースが狭くて、観て回る所がほとんどなかったけど、最大級の出会いがあったし写真も撮れたのでヨシとしようw

e0086121_12425571.jpg
e0086121_1243717.jpg



バスで福住に戻り、今度は宮の沢にあるバッティングセンター、ピッチャーガエシへ。
イトゥ、ヒサミチのバイト先。

ストラックアウトしたりバッティングしたり。

カラダのなまりが本気でヤバイと思いました…
運動しよう…


二人ともGW働き尽くめで大変だけど、頑張ってください。
ヒサミチよ、今度こそはどっか遊びに行こうぜ!



と、バカみたいに遊びまくっているGW中盤の二日でした。
お金がとことんありませんw

残り二日は、ライブ+バイト+バイト。
日曜日はゆっくり休んで、週明けに備えよう。
[PR]
# by akg_flashback | 2006-05-05 12:43 | 雑記

悲しみロックフェスティバル(その2)

続いて、二日目の30日編!!

すでに書いてた記事を一気に更新してるから超長いけど、29日編と合わせて読んでねw


7:00

起床。疲れがあまり取れず、足がむくんでて靴が小さかった。
顔洗って、着替えて朝食を食べる。

さすが高いホテルだけあって、立派なバイキングだった。
笹かまが山のように盛られていたので、3つほど食す。んまい。
普段朝飯食わないくせに、貧乏性なのかなんなのか、大量にがっついてしまった…。
普通に満腹でしたw

8:30

身支度を整え、チェックアウト。
前日に完全にその位置を把握した仙台駅のコインロッカーに向かい、必要ない荷物を預ける。

この日は会場直結のシャトルバスのチケットを買っていたので、シャトルバスの乗り場へ。
こんな朝早い時間なのに、もうそこにはすでに大行列が。
バスがひっきりなしにやってきて、少しずつ運んでいく。
20分ぐらい待って、バスに乗車。

9:00~10:00

本来なら10時前には会場に着くはずなのに、運転手がなんと2回も道を間違え、しまいにゃ切り返しのときに道をふさいで渋滞を作ってしまうほどの失態っぷり。

バスの乗客全員が、不安を口にしてたし…

このおっさんもまた、one of the worst driversに認定済み。

10:20

会場着。10:55からのバックホーンの出番に備え、ステージに向かう。
バックホーンの前に秋田民謡ってのをやってて、なかなか聴く機会ないだろうから聴いてみたかったのに、例の運ちゃんのせいでステージに着いたときにはもう終わってました。
残念無念。

10:55

前から5列目ぐらいのポジションをキープし、バックホーン登場!
にわかに会場が沸き立つ!

そして『ブラックホールバースデイ』を演奏し始めた瞬間…

周りの観客たちが、一斉に飛び跳ね出す。
ただ飛び跳ねるだけならまだしも、縦横無尽に押し合いへし合い、押しつぶされそうになって苦しかった。
しかも会場暑くて汗臭くて、高校のときの体育祭のときのような臭いがしてて、さらに前は太っちょのニイちゃんで、正直吐きそうでした。

演奏に集中できねーし…

盛り上がってくるにつれてダイブとかする連中も出てくるし、はっきり言って邪魔以外の何物でもなかった。
音楽の楽しみ方は人それぞれで、それをどーこう言うのはナンセンスだけど、他人に迷惑かけてまで暴れたいとは俺は思わない。
もっとしっかりと観て、聴きたかったなぁ。

それでも、『初めての呼吸で』で、サビに入る瞬間ステージの前に桜吹雪が舞い降りてきたのには感動した。
演出でも何でもなく、本当にアレは偶然だったと思う。

ロックの神が降臨した瞬間でしたw

最も激しかったアーティストに認定。
ちなみに、5月5日に、ペニーレーンで彼等のライブに参戦してきます!札幌のオーディエンスは大人しいから、期待大!

12:15

もうもみくちゃのメチャクチャのドロドロで、これ以上ここにいたらホントに死んでしまうと思ったので、バックホーンが終わってすぐステージの後ろに退散。
人の少ない後ろのほうから、GOING UNDER GROUNDをぼんやりと観る。
けっこう爽やかなロックを展開してたなぁ。
今度CD聞いてみよう。

13:20

お次はトライセラトップス。
ゴイグラが終わり、すかさずステージの正面にダッシュ。
前から二列目をゲット!

最初は全然人がいなくて不安だったけど、徐々に人が集まってきて(特に和田ショウゾーンw)、期待が高まる。

登場。
Raspberry、Going to the moon、赤いゴーカート、New World、The captain、トランスフォーマーというラインナップ。

もうね、最高に楽しかった!
何といってもダンスチューンの曲ばかりで楽しめるし、盛り上げ方も上手く、会場に歌わせたりして全体の空気がまとまってた。
楽しくて楽しくて、ずっと笑ってました。

最も楽しかったアーティストに認定。
和田ショー、ギターやばい。上手すぎ。

14:00

あんまり観たいアーティストがいなくなり、時間が空いたので、昼飯を調達。
キャンプ内の屋台で、牛タン丼なるものを購入…
…なんか牛タンっぽくなかったっすw

その後、グッズを買いに行って、ピロウズTシャツを購入。
アラバキオフィシャルTシャツは変なのしかなかったからやめた。
さらに、バックホーンのCDに、タワレコのタオル、パスケース、直筆サイン入りのポスターが付いて来る!!!っていうのに負け、持ってなかったCDを購入。
この時点で、金欠の運命から逃れられなくなる。

川崎町名物玉こんにゃくとかを食べたり、売店をうろついたりして時間を潰す。

15:15

東京スカパラダイスオーケストラ。
ものすごい人の数だった。
そこまで観たい!!っていうワケでもなかったから、後ろのほうから観てました。
前のほうは砂埃でかすんでて、きっとあそこは地獄だろうなぁ、と思いながらw
全員白スーツでクールにハードに演奏するその姿に、職人魂を感じました。

15:45

元ナンバーガールのギタリスト、向井秀徳の単独ステージ。
さすがというか何と言うか、ナンバーガールのあのぶっ壊れた雰囲気そのままに、アコースティックギターで語ってました。

隣で、「アレやってくださいよ、アレ!!やっぱアレが一番すよ!!」「あーざーっす!!最高っす!!!」とかって絶叫してるレゲエっぽいお兄ちゃんがいて面白かった。
けど怖かったから直視できませんでしたw

最も感銘を受けたアーティストに認定。

17:15

またしばらく会場をうろついた後、ピロウズの出番。

がしかし。

始まってすぐ会場を後にしないと、飛行機に間に合わなかったので、最初の1曲だけで泣く泣く退場…。バスに乗って仙台駅に帰りましたとさ…。

ピロウズメチャ観たかったのに…
悲しかった…

18:30

仙台駅着。
ダッシュでコインロッカーから荷物を出し、電車のチケットを買って、空港までのリムジンバスが出ている駅まで向かう。

全力疾走したから、完全に青息吐息。クラクラしました。

19:00

館腰駅着。
そこからリムジンバスに乗り換え、空港へ。
見事なタイミングで乗り継ぎがうまくいき、改めて事前の計画の緻密さに感動する。
ここまで無駄なく事が運ぶとは。綱渡りもいいトコだけどねw

19:20

仙台空港着。
お土産とかを買い、飛行機を待つ。
もうグッタリ。

20:20

仙台空港離陸。
雨降ってたから、途中ちょっと揺れた。
行きも帰りも、機内サービスの飲み物はアップルジュースをチョイスw

21:25

新千歳空港着。
エアポートに急いで乗り込む。
席が埋まってたから、ドア付近に座り込むしかなかったけど、もう限界近かったね…。
足痛かった。

22:30

札幌駅到着。
メシ食うとこを探すものの、何処も閉まってて、捜し歩いているうちになぜか狸小路のリトルスプーンに行き着いてしまったw
モソモソとカレーを食い、大通りの東豊線乗り場から東豊線に乗って帰宅。
24:00ぐらいだったな、家に着いたの…


とにかく疲れたけど、とても2日の間に起こったとは思えないほど濃くて楽しい旅行でした。
今年の夏、帰省ついでにまた仙台に寄るから、今度は東北大攻めよう。


と、またまた長くなりましたが、だいたいこんな感じでしたw
2日分両方読んでくださったアナタは最高だよ!

e0086121_19334119.jpg


写真は、キャンプ場の売店で見かけたお菓子。

どっかで見たことありませんか?w
[PR]
# by akg_flashback | 2006-05-04 19:33 | 雑記

悲しみロックフェスティバル(その1)

最近はミクシィのほうを書くだけ書いて満足して、こっちはほったらかしだったんですが、
ミクシィじゃ見れない人も居るし、「最近更新してないよね…」と言われたので更新w

今後はマメにやります。
コピペは相変わらずだけどねw


と、いうことで、4月の29、30日に友人と二人で参戦してきた、仙台で行われたアラバキロックフェスのレポートから再出発!!


今回は29日編!


11:30

札幌駅に同行者の友人と待ち合わせ、エアポートに乗って新千歳空港へ。
仙台についてからの行動の確認をする。

12:30

新千歳空港到着。
出発までしばらく時間があったので、空港内をうろついて佐藤水産のでっかいおにぎりとパンとジュースを購入。

13:20

新千歳空港から離陸。
機内でパンを食べながら雑談。仙台行きぐらいの便から、機内サービスとして飲み物が出てくるみたいです。
秋田行きだとアメしかもらえないらしいw

14:25

仙台空港着。
仙台駅行きのリムジンバスにダッシュで乗り込む。
バス案内のおっちゃんがすごい東北なまりで何言ってるか全然聞き取れなかった。なんだか東北に来た実感。
バス待ちがすごい行列で、一台目に入りきらなかったので二台目に乗車。
二台目来なかったらどうしようかと思った。

15:30

仙台駅着。
会場までのシャトルバスは14時で運行しなくなっているという非情な事態だったので、事前に打ち合わせしたとおり、仙台駅前発の路線バスに乗って近くの温泉郷まで行き、そこからタクシー、という計画。
そのバスの発射時刻まで時間があったので、仙台駅構内のコインロッカーを探し歩く。
どこも埋まっていて途方に暮れていたところ、タイミングよく荷物を出している家族連れを発見し、彼等が荷物を出した瞬間にすかさずキープ。
この時点で、全てのコインロッカーの位置を完全に把握。

15:45

特急バス発車。
杜の都を走りぬけ、郊外へ向かう。
特急バスの運ちゃんがなかなかのツワモノで、普通車をガンガン斜線変えながら抜いていく。
のちに、彼は全旅程を通してのMVPに認定されるコトになる。
感動的な運転だった。
仙台郊外はちょうど桜が満開。

16:30

温泉郷、秋保(あきゆ)温泉に到着。タクシー乗り場の近いバス停で降り、タクシー待合所のおっさんに声をかけ、川崎町のキャンプ場まで運んでもらう。
が、このおっさんはキャンプ場の場所がわからず、やや不安だった。最後までキャンプ場はみちのく公園のことじゃないかと疑ってたし。
のちに、全旅程のone of the worst driversに認定される。

17:30

会場着。
タクシーがずいぶん手前で止められてしまったため、ひたすら長い道を歩き続け、ようやくゲートをくぐる。
このとき、チケットとリストバンドを交換。
16:35から椿屋四重奏が出てたので、ダッシュで椿屋の演るステージに向かうと、ものっすごい人だかりがこっちに向かってくる。
そんなまさか…と思ったとおり、タッチの差で椿屋を見逃しましたとさ…トホホ…

少し時間が空いたので、ステージ手前の小道の柵に腰かけ、佐藤水産のおにぎりをがっつく。
これホントうまい。皆さん、もし今度新千歳空港に行く機会があったら、ぜひ一度お試しアレ。
まぁ、札幌駅南口にも本店があるけどねw


18:10

仕方ないから次のACIDMANを同じステージで待つ。
ステージ左側の、そこそこ見えやすい位置をキープ。
そしてACIDMAN登場!!
World symphony、River、アレグロ、ある証明、季節の灯…

燃えた。

のちに、最も感動したアーティストに認定される。

19:05

ACIDMANがあっという間に終わってしまい、余韻を楽しみながら(ついでに耳鳴りも味わいながら)、次のTHE PREDETORSを待つ。
ピロウズのボーカル&ギター・山中さわお、ストレイテナーのドラム・ナカヤマシンペイ、グレイのベース・JIROというモンスター・スリーピースバンド。

それにしても、JIROの人気すごいね。
俺はJIRO以外の二人が観たかったのに、会場のおなご達はもうひたすらJIROコール。というか絶叫してた。

演奏はもう、激しすぎた。CD借りようと思った。

のちに、最も興奮したアーティストに認定される。

20:00

シャトルバスの当日券を買って、仙台駅に向かう。
耳はキンキンするわ歩き疲れたわで、座席にぐったりと埋もれながら雑談。
興奮を語り合う。

21:00

仙台駅着。
コインロッカーから荷物を出して、ホテルへと向かう。
他の安いホテルが全部埋まってて、高いホテルを取らざるを得なかっただけあって、すごい立派なホテルだった。
シングルが、安ホテルのツイン並の広さでした。
なんか賞も獲ったらしいし。
分不相応??w

21:30

メシを食うために、仙台駅周辺をひたすら散策。
メシを食った後会おう、と仙台在住ゆ~○~に言うと、「これから部活」という謎の返答をされ、ショックを受ける。
色々見て回り、仙台名物もそこそこ食える居酒屋はないかのぅ、と探し続ける。

22:30

結局、仙台駅を2周ぐらいしてもいいトコ見つからず、普通のチェーン店居酒屋でちびちびと飲む。
あのチャーハンはどう考えてもピラフだったと思う。

23:30

ホテルに戻る。
シャワー浴びて、コンビニで買ったチューハイ飲みながら菓子をつまみ、一日を振り返って語り合い、翌日の計画を確認して1:00ごろ就寝。
明日への決意を胸に、泥のように眠りました。




以上、29日のフローチャート!

って長すぎ!!

すべてが印象的で、いちいち書いてたらこんな長くなっちゃった…

他人の旅行話をここまで読んでくれたアナタは優しいよw


次回、怒涛の二日目、30日編!!お楽しみに!!!
多分おんなじくらい長くなる!w

e0086121_1931314.jpg


写真は、仙台駅散策中に撮った、仙台駅東口。
仙台駅の空中回廊カッコよかった。
[PR]
# by akg_flashback | 2006-05-04 19:31 | 雑記

supernova

熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体があるって事

鼻が詰まったりすると 解るんだ 今まで呼吸をしていた事


…と、『supernova』の中でもとおさんは唄っておりますが、
実際それどころじゃないことが解ったw

なんせ咳が止まらない…
昨日のバイト中も咳がひどく(もちろん、接客中は我慢してたよ!?)、しまいにゃ一回咳するたびに頭にガンガン響きだす始末。

寝て起きたら多少おさまった感じはするけど、鼻づまりもひどいしなぁ。

なんだこれ!
そろそろ一週間経つんだから、いい加減治れよ!!

まぁ、そうは言ったものの結局は自分の問題だからね。
今日は完全な休養日にして、ゆっくり休みます。

明日一限行けなかった場合、誰かに友情パワー発揮してもらうコトになるかもしれんので、心当たりある人、そこんとこヨロシクw


それはそうと。
こないだツタヤでCDをいっぱい借りてみました。
いっぱい借りたいのあったからなー、どれ借りるかすごい悩んだ!
100円セールだって聞いたから行ったのに、100円なのはビデオだけだったけどねw

まず一枚目。
THE BACK HORNの2ndアルバム、『イキルサイノウ』。

5月にライブを控えてる(チケ購入済み)から、予習がてら。
19日にニューアルバム出すし、そっちも聴かねば。
あぁ金が…w

二枚目。
スネオヘアーの最新アルバム、『カナシミ』。

出たのだいぶ前だけど、なんとなく聴けてなかったから、この機会にと。
最近下降気味に見えるスネオヘアーだけど、このアルバムでどう出るか。

三枚目。
eastern youthの3rd、『感受性応答セヨ』。

イースタンユースは前からずっとアジカンメンバーが声を揃えてプッシュしていて、気になっていたので、その中でもメンバー全員が衝撃を受けた名盤、というこの1枚を。
つっても、最初は飲み込みづらいかもなぁ。

四枚目。
椿屋四重奏の1st、『深紅なる肖像』。

椿屋はもともと気になってたけど、つい最近、元クラッシュインアントワープのギター安高さんが、これまでのサポートメンバーとしてではなく正式に椿屋四重奏として活動する、というニュースに興奮して、「こりゃ聴くしかねぇ!」と。

五枚目。
Teenage Fanclubの1st、『Bandwagonesque』。

唯一の洋楽。スコットランドはグラスゴーのバンド。
これも、アジカンのゴッチがプッシュしてたんで聴いてみることに。いまチラッと聴いてるけど、なかなか暖かいゆったりとした音楽で、太陽が恋しくなるような気持ちになるねぇ。
春先の草原に座って聴いていたい一枚。



と、五枚も借りてしまいました。

え?

解説が自己満すぎる??


そんなのしりましぇ~~ん。。。
[PR]
# by akg_flashback | 2006-04-16 16:17 | 雑記