悲しみロックフェスティバル(その1)

最近はミクシィのほうを書くだけ書いて満足して、こっちはほったらかしだったんですが、
ミクシィじゃ見れない人も居るし、「最近更新してないよね…」と言われたので更新w

今後はマメにやります。
コピペは相変わらずだけどねw


と、いうことで、4月の29、30日に友人と二人で参戦してきた、仙台で行われたアラバキロックフェスのレポートから再出発!!


今回は29日編!


11:30

札幌駅に同行者の友人と待ち合わせ、エアポートに乗って新千歳空港へ。
仙台についてからの行動の確認をする。

12:30

新千歳空港到着。
出発までしばらく時間があったので、空港内をうろついて佐藤水産のでっかいおにぎりとパンとジュースを購入。

13:20

新千歳空港から離陸。
機内でパンを食べながら雑談。仙台行きぐらいの便から、機内サービスとして飲み物が出てくるみたいです。
秋田行きだとアメしかもらえないらしいw

14:25

仙台空港着。
仙台駅行きのリムジンバスにダッシュで乗り込む。
バス案内のおっちゃんがすごい東北なまりで何言ってるか全然聞き取れなかった。なんだか東北に来た実感。
バス待ちがすごい行列で、一台目に入りきらなかったので二台目に乗車。
二台目来なかったらどうしようかと思った。

15:30

仙台駅着。
会場までのシャトルバスは14時で運行しなくなっているという非情な事態だったので、事前に打ち合わせしたとおり、仙台駅前発の路線バスに乗って近くの温泉郷まで行き、そこからタクシー、という計画。
そのバスの発射時刻まで時間があったので、仙台駅構内のコインロッカーを探し歩く。
どこも埋まっていて途方に暮れていたところ、タイミングよく荷物を出している家族連れを発見し、彼等が荷物を出した瞬間にすかさずキープ。
この時点で、全てのコインロッカーの位置を完全に把握。

15:45

特急バス発車。
杜の都を走りぬけ、郊外へ向かう。
特急バスの運ちゃんがなかなかのツワモノで、普通車をガンガン斜線変えながら抜いていく。
のちに、彼は全旅程を通してのMVPに認定されるコトになる。
感動的な運転だった。
仙台郊外はちょうど桜が満開。

16:30

温泉郷、秋保(あきゆ)温泉に到着。タクシー乗り場の近いバス停で降り、タクシー待合所のおっさんに声をかけ、川崎町のキャンプ場まで運んでもらう。
が、このおっさんはキャンプ場の場所がわからず、やや不安だった。最後までキャンプ場はみちのく公園のことじゃないかと疑ってたし。
のちに、全旅程のone of the worst driversに認定される。

17:30

会場着。
タクシーがずいぶん手前で止められてしまったため、ひたすら長い道を歩き続け、ようやくゲートをくぐる。
このとき、チケットとリストバンドを交換。
16:35から椿屋四重奏が出てたので、ダッシュで椿屋の演るステージに向かうと、ものっすごい人だかりがこっちに向かってくる。
そんなまさか…と思ったとおり、タッチの差で椿屋を見逃しましたとさ…トホホ…

少し時間が空いたので、ステージ手前の小道の柵に腰かけ、佐藤水産のおにぎりをがっつく。
これホントうまい。皆さん、もし今度新千歳空港に行く機会があったら、ぜひ一度お試しアレ。
まぁ、札幌駅南口にも本店があるけどねw


18:10

仕方ないから次のACIDMANを同じステージで待つ。
ステージ左側の、そこそこ見えやすい位置をキープ。
そしてACIDMAN登場!!
World symphony、River、アレグロ、ある証明、季節の灯…

燃えた。

のちに、最も感動したアーティストに認定される。

19:05

ACIDMANがあっという間に終わってしまい、余韻を楽しみながら(ついでに耳鳴りも味わいながら)、次のTHE PREDETORSを待つ。
ピロウズのボーカル&ギター・山中さわお、ストレイテナーのドラム・ナカヤマシンペイ、グレイのベース・JIROというモンスター・スリーピースバンド。

それにしても、JIROの人気すごいね。
俺はJIRO以外の二人が観たかったのに、会場のおなご達はもうひたすらJIROコール。というか絶叫してた。

演奏はもう、激しすぎた。CD借りようと思った。

のちに、最も興奮したアーティストに認定される。

20:00

シャトルバスの当日券を買って、仙台駅に向かう。
耳はキンキンするわ歩き疲れたわで、座席にぐったりと埋もれながら雑談。
興奮を語り合う。

21:00

仙台駅着。
コインロッカーから荷物を出して、ホテルへと向かう。
他の安いホテルが全部埋まってて、高いホテルを取らざるを得なかっただけあって、すごい立派なホテルだった。
シングルが、安ホテルのツイン並の広さでした。
なんか賞も獲ったらしいし。
分不相応??w

21:30

メシを食うために、仙台駅周辺をひたすら散策。
メシを食った後会おう、と仙台在住ゆ~○~に言うと、「これから部活」という謎の返答をされ、ショックを受ける。
色々見て回り、仙台名物もそこそこ食える居酒屋はないかのぅ、と探し続ける。

22:30

結局、仙台駅を2周ぐらいしてもいいトコ見つからず、普通のチェーン店居酒屋でちびちびと飲む。
あのチャーハンはどう考えてもピラフだったと思う。

23:30

ホテルに戻る。
シャワー浴びて、コンビニで買ったチューハイ飲みながら菓子をつまみ、一日を振り返って語り合い、翌日の計画を確認して1:00ごろ就寝。
明日への決意を胸に、泥のように眠りました。




以上、29日のフローチャート!

って長すぎ!!

すべてが印象的で、いちいち書いてたらこんな長くなっちゃった…

他人の旅行話をここまで読んでくれたアナタは優しいよw


次回、怒涛の二日目、30日編!!お楽しみに!!!
多分おんなじくらい長くなる!w

e0086121_1931314.jpg


写真は、仙台駅散策中に撮った、仙台駅東口。
仙台駅の空中回廊カッコよかった。
[PR]
by akg_flashback | 2006-05-04 19:31 | 雑記
<< 悲しみロックフェスティバル(その2) supernova >>